piano trio

youtubeに何曲かupしました!

 

 

 

ぜひどうぞ!


A HAPPY NEW YEAR!

あけましておめでとうございます!2016年お世話になった方々、ありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末にかけて少し忙しく、年始は少し体調を崩したので家でのんびりしています。それにしても例年より全然暖かい気がします。1月なのにまだ全然耐えれる寒さ。年始は家でだらだらしてたので超久々にミュージックステーションの年末スペシャルがyoutubeに上がってたので見ました。ほとんど誰もわからない笑 ピコ太郎の存在を最近知りました。徹子の部屋にも出てるんですね。絡みがなかなか面白かった。
ビザの手続きが始まったのでしばらくは資料作りの作業が続きそうです。音楽以外の作業するの久しぶり。
頑張ります。
写真を頂いたのでupします!

 

jazz at Kitano
ソロピアノ。



new school glass box
メンバーの2人がnew school(マンハッタン内にある音大)出身なので学内にある小さなホールで演奏する機会を頂きました!

 


silvana
ハーレムにあるお洒落なバーでの演奏。1時間ごとにバンドが目まぐるしく変わって深夜まで毎日演奏が入っています。少し音響に苦戦しましたが楽しかった!


9月

先月はピアノトリオでのレコーディングがニュージャージーのスタジオでありました。

この話が始まったのは去年の確か5月ごろで、ついに実現することになり感無量でした!Barnieさん、作曲やアレンジなどのフィールドで長年たくさんの素晴らしい作品を残してきている方で、クラシック、ジャズとジャンルを問わず日々新しいものを作り出しています。僕がHarlemのレストランで弾いている時に彼が来店されたのがきっかけで、今回こうして機会を頂くことができました。中身としてはBarnieのアレンジしたスタンダードやクラシックの楽曲、オリジナル曲と、リハーサルですごく気に入ってくれたEvening Glowも1曲入れさせてくれることになりました。商品になるかなど詳しい話はまだ何もわかりませんが、皆さんに聴いていただきたいですし、もしそうなればまたこちらでお知らせします!

ベースは、時々ギグでも一緒に演奏している植田典子さん。PianistのTed Rosenthalのトリオでも弾いている、素晴らしいベーシストです!7年ほど前に大阪のロイヤルホースで一度だけ共演する機会があり(その時はすごく悔しい思い出でしたが)、NYでまたこうして再会出来てとても嬉しく思います。ドラムは植田さんの紹介でJared Sconigという方でした。なんせ譜面が強くてリハの初見の時点でどの曲もほぼ完ぺき。そしてハードにスウィングするしなんせ音楽的なアイデア満載!そしてエンジニアの方たちも的確な仕事、ノーストレスでこちらに演奏させてくれてありがとうございました!ほんとうにいい経験だった。







シンガーに学ぶこと

さてさて、何から書きましょうか、早くも8月です。

いろいろと音楽的には収穫のあるこの数か月でした。いつもよく一緒に練習してるシンガーがいるのですが、彼の歌のレッスンに伴奏者としてついていったのですが思いがけず自分が伴奏者としての山ほどのアドバイスをもらいました。まさにめったうち状態!笑 でもそのアドバイスはどれもほんとに的確で、今まで自分が出来ていたと思っていたことは全然出来ていなかったことを痛感させられました!アンサンブルに対してのアプローチは本当に難しい。自分の音を聴きつつ相手の音を聴くこと。spaceの大切さ。シンガーをset upすること。シンコペーションを的確な場所で効果的に弾くこと。リズムをもっとdig inすること。(深く弾くということだと思う)スピード感をもつこと。

あげればきりがないですが、その先生の伴奏で同じシンガーが歌うとまるで違う空気になる。とてもいい経験でした。

 

昨日はシンガーとduoで1stageのギグ。一言楽しかった!うねるようなリズムや幅広いダイナミクス、語尾のちょっとしたニュアンス、特に派手なフレーズなわけではないけどほんの少しの音のやりとりで、こんなにもインスパイアしあえるアンサンブルがあるなんて! やはり英語は立体的な言語なんだなぁと感じます。 多分少し前の自分ならボロボロになっていただろうなと思った。少しは成長できてるのかなと思えるような一日でした。でもまだまだこれから。

 

日々いろいろな出会いに感謝です!

 


piano

Pianoが家に届いてはや2か月。
たまたまタイミングよく、友達の友達を通じて送料だけで受け取れることになりました。日本の通常のアップライトよりは少し高さは低いですがキーのアクションも良くて、調律を入れてから大きな問題はなく弾けています。
ルームメイトにも音のことを理解していただき気兼ねなく練習させてもらえていることに本当に感謝です!



楽器に対する向き合い方と人に対する向き合い方は大体同じです。ピアノに対して雑に扱ってしまっている時は人に対してもそうなりがちな時。音楽をするうえで大事なこととは?もちろん楽しい、楽しむこと。来てくれているお客さんに楽しんでもらうこと、もちろん当たり前に大事なことです。共演者にインスパイアできるようなプレイを一音でも多く弾きたい。逆もまたしかり。
でもなんか最近そういうことだけじゃ何となく物足りなくなってきているような?大事な何かを掴みかけている今日この頃です〜。

近況

熊本の地震のニュースには本当に心を痛めます。
限られた情報源でしか見れていませんが、まだ余震も続いているとのことで、、これ以上被害が広がらないように、そして少しでも早く被災された方々の日常が戻ることを祈っています。


ついに長い冬も終わりNYは春の陽気です。乗って行きたいところでしたが人生初の腱鞘炎になってしまいまさかの休養期間となりました、、まったくもって予想してなかったのでかなりショックを受けましたが自分なりに原因を考えました。
原因はおそらく姿勢!この1年くらい体の軸のことなどをずっと考えていて知らぬ間に姿勢を極端に良くしようとしていました。そうすることで体の軸が感じられていい音も出る!などという今となっては少し浅はかな考えにいたり腱鞘炎を引き起こしてしまったものだと考えられます。去年1年ぶりに僕の演奏の姿勢を見た方はもしかしたら変化に気づいていたかもしれません。
腱鞘炎というのは主に手首が痛くなることをいうのだと思いますが、そこが原因ではなく前腕、上腕や背中などに余分な負荷がかかると引き起こされるものだそうです。まさに姿勢をよくしようとしすぎると背中に負荷がかかります。今は新しい体の軸の感じ方を見いだせつつあってその方向は良さげです。リラックスが大事ですね。
というわけで肝心の今の症状ですがほとんど良くなったので、もう少し経ったら練習やセッションにも戻ろうかと思っている今日この頃です。

最近のいろいろ

長らく更新があいてしまい申し訳ありません!生きてます。
今年の冬は去年に比べると全然なんてことない寒さでした!大雪も一日だけで、先週は75℉くらい(23℃くらい)まであがったりしてちょっと異常な暖かさみたいですねぇ〜〜〜やっとこの℉華氏表記にも慣れてきた

曜日によって大体予定が決まっているものもあれば、いきなり一日前に明日いける?っていう電話 the NY的なものもあり相変わらず気の抜けない日々です。予定が固まる週とそうでないひまな週の差が激しすぎます!ゆっくり練習する時間も取れるのでありがたいですけどね〜。

さてさて先月は日本からではなくヨーロッパから加納新吾がやってきました!ヨーロッパを何か国か旅行中だったみたいです!
ライブにも遊びに来てくれてシットイン。素晴らしかった!スタンドぐらぐらでごめんな!



NYではラーメンはいたるところにございます
こちらはEast villageのkambiラーメン。近所で用事があったのでふらっと寄りました。おいしゅうございました!

ウイスキーのグラスを頼むと多分日本より断然多い!


例の一日のみの大雪。in Jackson Heights



あまり知られていないのか最近始まったのかわかりませんが、すごいミュージシャンだらけのジャムセッションでした!
特にホーンプレイヤー。Frank Lacy(tb) Phillip Harper(tp)などが遊びにきていました。他の方で名前を知らない方もたくさんいましたが、みんな素晴らしくこの日は本当に楽しかった!




写真はないですが、先日Billy Kayeというドラマーのバンドに誘われて演奏してきました。
84歳ですがめちゃめちゃ元気です。プロフィールを見るとLou Donaldsonのバンドを長年やっていたり、Thelonius MonkやHerbie Hancockとも仕事をしたことがあるそう。
1回目は11月にあって今回は2回目でした。リハも特になし。本番前の15分くらい前にちょちょっと打ち合わせして、はい開始。
やっぱりなんというかエネルギーがすごい。jazzって本当にやればやるほど本物の人たちの凄さがわかってきます。技術は勉強すれば学べるけどやはりこういうフィーリングは体感するのが一番。こういう瞬間があるとやっぱりNYに来てよかったなぁと思います。 つづく

A happy new year

あけましておめでとうございます!2015年もたくさんの出会いがありました。お世話になった方々、ありがとうございました。一年無事過ごせたことに感謝します。一年を通して前向きに楽しむことができました。自分のことでいっぱいいっぱいな一年でしたが、今年は少しは周りを見て視野を広げていけるようにしたいですね。
日々色んな場所に顔を出していますが、NYはすごいプレイヤーだらけです。自分が弾いてる時にふらっと聴きに来てる人が超有名人だったり。すごい街に住んでるなぁと実感します。。こんなすごい街で自分の好きなことを追い求めれる環境に自分がいれることにまず感謝しなくては、です。日本から応援してくださっている皆さんの気持ちをエネルギーにして、今年もさらにいい音楽を目指します!
みんなにとって2016年も平和で素晴らしい一年になりますように。






 

一時帰国ツアーのお礼

NYに戻ってきて早くも1週間が経ちました。食べ過ぎた日本食と酒、酒でおかげでお腹がかなりいい感じになり、というか腹だけ出てかなりやばいのですが、そうこう言ってるうちに早くもNYでの日々のすることに追われていて幸せです!!

今回は合計13本のライブがありました。どの会場でもたくさんの方々にお越し頂き本当に、ありがとうございました。一時帰国ということで、この1年間でどれだけ成長したんや!?という皆様のあたたかくかつ厳しい目線をひしひしと感じまして一瞬ひるみそうになりましたが、演奏するにつれて徐々に日本の空気、その場の空気、に馴染んできた感がありとても充実したひと時を過ごすことが出来ました。スケジュール的には正直かなりバタバタしていましたので、日本に帰ったという感覚よりは旅行してたみたいな気分もありましたが、よく遊んでいた仲間とも会えてはしゃげたし良かった!気心知れたミュージシャンとの演奏は自分の良いところや悪いところ全て再確認出来た気がします。もちろん自分の理想と現実のギャップはまだまだ広いですが、それを少しずつ経験や練習で埋めて行きたいと思います。
お越し頂いたみなさん、共演したミュージシャン、お店の方々、本当にありがとうございました!

JFK空港に着いてから早速白タクにボラれそうになりましたが、回避しました。地下鉄の駅までに乗るAir trainというものがあるんですが、着いた日が日曜日で「日曜日はAir Train動いてないからタクシーに乗れ」とおっちゃんに言われ一瞬信じそうになりましたがそんなはずは無いと言い、案の定目の前でAir trainが動き出すのを2人で見ておっちゃんはしぶしぶどっかに消えていきました。シュールでした笑 多分Air Trainが休んでる日なんて無いと思うんですが、、もし遊びに来られて空港から電車に乗る方はお気をつけください笑
そんなこんなで頭も心もNY verに切り替えて英語脳でまたしばらくこの土地で頑張っていきます!
写真はtrioのリーダーライブ、伊丹Stageにて。素晴らしい2人です!時安吉宏(b)水上ダンヒル洋(ds)




変更

11/2(月)松阪Kenneyでのライブは、名古屋Kenny'sの間違いでした。
申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

帰国まであと少し!買って帰る調味料などもメモしつつ、曲も書きつつ。
昨日は急に日本食が恋しくなりすぎて一足早めに鍋と枝豆を食べました。冷食の枝豆ですけど結構うまいんですこれが。

先日お知らせしたライブ情報から更新されたのは11/2(月)の名古屋Kenny'sとなっております。
Leader Liveはもちろんのこと、各会場ご予約されると確実かと思います!10/22伊丹Stageでは予約を承っておりません。(19:00に開場となりますので、それに合わせてお越しください。)

みなさまのお越しをお待ちしています!!


大友孝彰


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM